CloudFlareの無料SSLを使用しHTTPS化に挑戦

CloudFlareが提供を開始したUniversal SSL(無料サービス)を使って当サイトのSSL化を実施しております。 使用しているプラグインは下記の通り。 CloudFlare Flexible SSL SSL Insecure Content Fixer 2番めのSSL... Read more →
point01_a

カゴヤがマネージドクラウドサービスを開始

カゴヤがマネージドクラウドサーバーを本日(平成26年10月1日)リリースしました。カゴヤと言えば以前MySQLプランを1年間利用したことがあります。 VPSやクラウドは魅力的ですがサーバー管理知識がないとWordPress等の運用には向きません。 同社のサービスはサーバー管理部分をカゴヤに任せることが出来るので簡単な専用インターフェースから必要に応じてサーバースペックをスケールアップ・スケールダウン出来る点が良さそう。 気になる料金は月額換算で最低2,700円から。期間中スペック変更をしない場合の料金です。期間限定でWordPressを活用したキャンペーンサイトを立ち上げる時には便利かもしれません。ただWordPressに最適化された環境ではないので、お名前VPSやConohaの様なWordPress利用者向けのオプションが今後誕生して欲しいと思います。 誕生したばかりのサービスなので今後の成長が楽しみですね! http://www.kagoya.jp/cloud/mcloud/ Read more →
1412151650_15215562350_9d68545f9c_z

wpXユーザーが行うべきセキュリティ対策

xserverが提供するマネージドWPサーバーのwpXは最低月額500円からと非常に安く魅力的ですが、初期設定のままで運用する前に下記を見直すとより一層安全に使うことが出来ます。 認証用ユニークキーを作成する wp-config.phpに下記の認証用ユニークキーが記載されています。 /*... Read more →
Sova WP

性能は良いがSova WPはこの先大丈夫なのか

WordPress専用サーバーとしてはSSL対応等国内外と比較しても自由度が高いSova WPですが、サポート対応が速かったり遅かったりと不安定、新機能の進捗状況が不明だったりと性能は良いが色々と不安が残るサービスです。 スモールプランを別サイトで利用しており性能に不満はありませんが、この先どうなるかという不安は常につきまとうスリリングなサービスです。下記については発表後何の進捗も公開されておらず、不安と楽しみという複雑な気持ち。 2013年11月にステージング機能の導入準備中である旨をツイートされてましたが、その後何も発表がありません。 Sova... Read more →
Cloud Security

SSL持ち込み可能な国内共有サーバー

Googleがhttpsで始まるサイトを検索結果表示において優遇するという発表がありました。今すぐという事ではありませんが、世界規模でも常時HTTPS化の動きは既に始まっています。これについては別にお伝えします。 常時HTTPSが標準となる時代へ 従来はお問い合わせフォームやショッピングカート等、個人情報収集が必要なページのみSSLにするという部分的な方法や、サーバーが提供する共有SSLを利用するという選択肢もありましたが、これからの時代は1ドメイン1SSL(マルチドメイン等のオプションもある)で常時https化が標準になるかもしれません。 国内共有サーバーのSSL制限 xserver、heteml等WPユーザーにも良く知られる共有サーバーもSSLを提供していますがSSLブランドの選択肢が少ない上に設置手数料も含まれますが、割高です。またSSL証明書の種類も限られており、マルチドメイン、ワイルドカード、更には最も信頼性の高いEVもビジネス向けと言われるサーバー(例えばsixcore)においても提供されていません。 (もちろん現時点では・・・ですが、レンタルサーバーでSSD採用が進むと同じにSSLに対する価値観も変わってくればここに挙げた共有サーバーでも今以上のSSL選択肢が増える可能性もあります。) そこでSSL持ち込みが可能な共有サーバーを調べることにしました。まあここまでこだわるならVPSか専用サーバーでしょ・・・と言われるかもしれませんがサーバー管理って大変ですよね(・_・;) SSL持ち込み可能な国内共有サーバー WebARENA共有サーバー 対応サービス:WebARENA... Read more →
1 2 3 11